やっぱり大事。ダイエットには良質の○○ーダイエットニュース


■やっぱり大事。ダイエットには良質の○○
<9月5日>


前々から言われていることですが、良質な睡眠はダイエットと密接に関係しています。

そしてまた、睡眠専門家のアーン・エリアソン博士が、研究結果として、長時間眠った人は睡眠時間が少なかった人よりも肥満度が低いことがわかった、と発表したそうです。

「『睡眠時間が短い人』と『睡眠時間が長い人』にデータを分けて分析したところ、睡眠時間が短い人のBMIは平均28.3と、睡眠時間が長い人の平均24.5よりも高い値になった」と説明。科学者らは、睡眠不足が特定のホルモンのレベルに影響し、空腹やメタボリズムの低下に結びつくと分析している。

と書かれています。

睡眠時間、色んな説がありますね。

もちろん、良質・長めというのが一番いい気がしますが、長めの基準はどれくらいなのか・・・
個人的には7〜8時間くらいかな、と思います。

また、

エリアソン博士も、睡眠時間が短いと、ホルモンのバランスが崩れるとしており、食欲面で満足したときに分泌されるホルモンのレプチンが不足しがちになり、欲求を満たすために過食をする原因になるのでは、と話している。

ともかかれています。

なんだか説得力がありますね。

睡眠時間も十分にとり、さらに質の高い睡眠をするためには、
・お風呂に入ってから早めに寝ること
・枕・マットレスの適度な高さ・固さ
・水を飲むこと
・寝る前には食べないこと

などがあります。

それに、目覚めも気持ちよくなりますね。

ちょっと睡眠時間が取れてない、という人は、少し長めに寝ることを意識すると、ダイエット効果アップかもしれませんね。


<関連情報>
・無料 ダイエット情報満載!スママガ
[無料メルマガ]の登録で情報をゲット!



友達に教える
ニューストップへ
ニュースバックナンバー


<情報ソース>
※PCサイトの場合は、アクセスできないことがあります。



前のページへは、端末の~左か、「戻る」で戻ってね☆
TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile