◇◇◇


部屋の壁に貼っているカメナシ君のポスターを見ていると、
アイツの顔が浮かび、頭の中をムカつくあの男の声が回る。


『本当のカメナシ君は、あんな細い女より、
 女の子らしい私みたいのが、タイプよね?』


ポスターに話しかけるとは・・・誰かに見られたら、恥ずかしい。

まっ、自分の部屋だし、誰も聞いてないか・・・・


今日は、誕生日だっていうのに、ほんと最悪。

人生で史上最悪の誕生日だ


ベッドに倒れこんで、目を閉じた。


『あ〜、やっぱり!思い出しだけで、腹がたつ!』


< 2 >

次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile