(これは、史上最大のチャンスよ!)
(私の誕生日に、神様からのプレゼントよ)
(あ〜神様〜、素敵な出会いをありがとう)

足を何度も組み替えながら、イスからお尻が浮いている。

窓の外で、イケメンと友だちが話しているのが、見える。

カメナシ君系の男の子が、縦に首を振っている。
友だちは、彼に見えないように、背中越しでd(>_< )Goodサイン☆

(やった〜。おっ、来る来る。コッチに来る〜)


店の扉が開き、カメナシ君がテーブルに近づく。

ズカズカっと、直進・・・。

まっすぐに、私のほうに、近づいてきた。

近くで見ると、整ったキレイな顔がはっきりとわかる。

(くぅ〜ナイスな顔〜、カッコイイ)


そのまま、直進・・・。

「まいど〜」

声は、カメナシ君に似てない。
どっかのお笑い芸人みたいなテンションで挨拶。

空いている隣の席に座った。
(近い・・・近すぎる・・・やばい・・・緊張してきた)

自分では確認できないけど、顔がきっとタコみたいに赤くなってるに違いない。

恥ずかしいなぁ〜。


「じぶん〜今日、誕生日なんやって?」
「めでたいなぁ〜オメデトサン!!」

目が合う。
ってか、近すぎ・・・。
この距離感は、初対面なのにないよぅ〜。

少し近づくと、息がかかりそうな位置に、キレイな顔がある。

(まつげ長いなぁ〜アイドル顔ですね!ラッキー!!)

この距離で目が合うのは、流石に恥ずかしすぎ。
ちょっと、目線を下に落とした。


「じぶん。。。ちょっと、よう見せて・・・」

彼は、私のあごを触っって、顔を持ち上げた。
そして、じっと、私の顔を見る。

ドキッ!
(なになに・・・・、
 ひょっとして、彼も私に一目ぼれかぁ〜)
(やったぜぃ、こんちきしょー)


私の顔は、どんどんと茹で上がるタコのように、耳まで赤く染まっていく。


「なぁ、じぶん。。。え〜っと、
 あれやね・・・アレ」


『あれって、なんですかぁ〜』

ちょっと、緊張で声が震えているのを感じる。


< 4 >

次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile