ムカつく・・・初対面なのに失礼じゃない・・・)
(まぁ・・・でもね・・・顔がいいから、許せちゃう)
『まぁまぁ、そのことは、横においてさぁ・・・』
私の話にかぶって、さえぎるように、腹を抱えながら、
集まった友だち全員に話しかける口の悪いカメナシ君
「なぁなぁ、この子、
 ヤナギなんとか、カナコに似てるよねぇ〜」
「ねぇ〜」「ねぇ〜」

「ハハハッ。本当だぁ〜、
 全然、気がつかなかった!ちょーウケル!」
「マルキュウの店員のネタやってみてぇ〜」
一同、大爆笑(怒
(こいつ、マジ性格、悪いかも・・・・)

一通り、私いじりも落ち着いた。
(ってか、
 みんなも、私をもっと持ち上げろよ!
 せっかくのチャンスなのにぃ)
(誕生日なんだし、
 もっといいところアピッてよぉ〜。)
(でも・・・。
 もし、コイツと仲良くなれても、
 ずっとこうかもしれない・・・)
(まぁいい。まぁいい。ど真ん中の好みだし)

「あの〜ところでぇ〜彼女とか入るんですかぁ」
(よし!ナイス質問!でかしたぞ)

「彼女〜、今はおらへんねん・・・実は、募集中やねん」

『そっ、そうなんだぁ』 
話に割り込み、便乗してアピールしなきゃ。
『良かったらメアドの交換とか、
 いいかなぁ〜私の名前は・・・』

私の話が終わるか終わらないかのところで、
友だちが遅れて店に入ってきて、言葉がさえぎられた。
(あれ、隣の人って、たしかぁ〜)

< 6 >

次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile