店に入ってきたのは、いつもの友だちと、明らかに周りから浮くぐらいの美人。

(くそぉ〜せっかくのチャンスなのにぃ〜)
(だいたい、誕生日の私が主役でしょ。)
(なんで、私より目立つ人、連れてくんのよ!)


「遅れてごめんね〜」
「あっ、みんなも知ってると思うけど、
 ガッコの先輩だった人」
「そこで、ばったり逢ったから、
 久しぶりにお茶でもぉ〜って、誘っちゃった」


みんなの視線は、釘付けだ。
私の友だちうちでは、チョー有名な人だ。

「読者モデルとか、やって有名ですよね!?」
「私、ファンなんですぅ〜」
「わぁ〜憧れるなぁ〜ほっそーい。」

みんなが、彼女に群がる。


確かに・・・・。


パッチリとふたえで透き通った茶色い瞳。
キレイな鼻すじに、口角があがった口元。
細い体から、スラリと長い脚。


完璧だ。完敗だ。
彼女を比較すると、完全に見劣りする私。


(でも、大丈夫。今日は、誕生日。
 主役は私よね!?)


『あ・・・あの・・メ・・ア・・ド・・』


私だけのカメナシ君に話しかける。


ポカーーン。

口をだらしなくあけている、私のカメナシ君・・・。

目はハート状態。


(あぁ〜、未来の私のダーリンがぁ〜)


< 7 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile