◇◇◇


今日は、私の誕生日。

偶然にも、私 好みのカメナシ君似な男の子と出逢う。

神様、ありがとう。ナイスなプレゼント。

メアドを交換して・・・。

はじめての彼からのメール。

ウフ♪

携帯の画面を見ると ハッピーバースデーの文字。

そこから、メールの交換が始まり、二人で逢うことになった。


『ちょっと印象が悪いところもあったけどぉ〜。
 はじめから、あなたに決めてました!』

「俺もや。実は、最初に逢った時から・・・
 ひとめ惚れちゅうやつぅ?」

「よかったら、俺と付き合ってくれるかぁ
 絶対に、幸せにするよぉ」


あぁ〜、私だけのカメナシ君・・・。
好きよ。

「もう、めっちゃ好きやねん」
『私も!ありがとう』

ララララ〜♪ララララ〜♪

そんな素敵な恋の始まり・・・・


◇◇◇


おっと、ダメダメ・・・。

現実逃避に、妄想している場合じゃなかった。

この神様が、与えてくれたチャンスをものにしなくっちゃ。


『ねぇねぇ・・・』

私は、ダーリンに、もう一度、話しかけてみた。


< 8 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile