『あの・・・ちょっと。ちょっとぉ〜』

って、ザ・タッチか、私は・・・。
関西ノリが、うつっちゃったよ・・。

なんて、一人ツッコミをしながら。


ダメだ。

みんな彼女に夢中で、私の声が届かない。


はぁ〜。大きくもれるため息。

ストローの先をかみながら、
テーブルの上のオシボリで手遊び。


彼女を取り囲む黄色い声から、彼の声が聞こえた。


なぜなら、声がでかいから。


「じぶん、めっちゃキレイやん。
 名前はなんていうの?」

「彼氏とか、おるんかなぁ!
 おらんねやったら、ぜひ、立候補させてください。」

「あ〜、今日は、なんていい日やろ。
 こうやって、未来のハニーに出逢う」

「神さん、ありがとう!
 これも普段のおこないがエエからやろね」


関西弁で、グイグイ押してくる彼の言葉に、彼女は笑う。


「ええやん。笑った顔もグゥーやね。
 エビちゃんの2倍・・いや。
 300倍は、可愛いでぇ〜。
 自分、罪が重いよ。もう、第一級の犯罪者やわ」

「逮捕してええかな。
 俺の心を奪った恋泥棒として、終身刑。
 そう!恋の終身刑」

「裁判のお知らせは、メールでするから、
 メアド教えなさい!」


彼女は、笑いながら、バックから携帯電話を取り出した。

ちょっとあきれた様子だったが、楽しそう。

(あっ!メアドの交換してる・・・)


ズガーン。


シャンナロー!!バカやろー!!くそぉーー!!!!


< 9 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile