『私、先に帰るね。』
『家で誕生日、祝ってくれるから・・・』

(って、誰も聞いてないし!)
(今日の集まりは、私の誕生日だからだよね??)


スクっと、立ちあがって、ダーリンになりそこねた男の横を過ぎる。

「どないしたん!?急に立ち上がって??」

「ショーベンか?」

「あっ、わかったマルキューに出勤やろ(笑)
 女芸人、カナコ似なだけにぃ〜」

私は、鋭い目でにらみつける。

「そんな怖い顔したらアカンよ〜」

「俺の未来のハニーみたいに、スマイルせなぁ〜
 そんな顔しとったら、恋も怖がって逃げるでぇ〜」


ムカッ!
たぶん、殺意って、こんな感じなんだろう。
全身の血が沸騰している湯わかしポットのようだ。

あとは、押すだけで、怒りが湯水のように、口からでるだろう。

もう、これ以上、ここにはいられない。

『ごめんねぇ〜、ちょっと用事があるからぁ〜』

そういって、そそくさと出口に歩いた。

(ちょっと、大人げなかったかな・・・・)
(せっかく、私の誕生日に集まってくれたんだから・・・)

店から出る間際、肩越しに、振り返った。


みんな、気にせず彼女を取り囲んで、楽しそう。
今日は、いつものテーブルに、私の居場所はないみたいだ。

少し駆け足で、歩道にでた。


< 10 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile