家に入って、そそくさとクツを脱いだ。

片方は、ひっくり返った状態で、玄関に転がる。

ドスドスドス。グチョグチョグチョ。
ちょっと湿った靴下の感触が、気持ち悪い。

雨にぬれたので、軽くシャワーを浴びて、
夕食を済ませた。


部屋に戻り、バタンと戸を閉めた。


ハァ〜・・・。

大きなため息。


(あ〜あ〜、せっかくの誕生日なのに、気分が重い・・・)
(これも、あの女と、あの軽い男のせいだ・・・)

一瞬でも、恋愛に発展するという甘い期待を思ったことが、腹立たしい。

『しかし!アイツは、なんだんだ!
 すげームカつくし!!』

『誰が、カナコ似だっつぅーの
 ぜんぜん、にてねーし』

『今もまだ、みんなは、楽しくやってるのかなぁ〜』

『せっかく、誕生日を祝って集まってくれたのにぃ
 悪いことしたかなぁ〜。
 今晩で気分をすっきりさせて、明日には笑って逢おう』


今日の大人げなかった態度に少し反省をした。

ハァ〜。
自然に、もれるため息。


『でも、あの人、本当にキレイだった』
『私が、もう少し痩せていれば、アイツも・・・』

頭を激しく、横に振った・・・。

(ダメダメ。
 もう、あのボケのことを考えるのはよそう・・・)
(顔が良かっただけで、性格は最低だったしね・・・)


部屋の中を、グルグルと回りながら考えた。


『私って、太ってるの?』

確かに、彼女と比べると、かなり見劣りをする私。

彼女は、元がキレイな上に、上手に着飾っている。
読者モデルだし、センスもいい。

(私だって・・・負けないところもあるはず・・・)

考えれば、考えるほど、気分がめいってくる。

『ダメだダメだ。
 こんなことだと、気分が切り替わらないよぉ』


< 12 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile