ドスッ。

机に向かって、イスに腰掛けてみた。

『はぁ〜、痩せたい・・・』


ひじを机に置き、両手の手のひらに顔をのせてボーっとした視線。


(??ん、ん??)

棚に置いている こっけいな像が目に入った。

両足の裏を前に出して、座っている。
目は極めて細くて、にんまり笑顔。
思いっきりメタボなお腹の像だ。


『そうだ、思い出した。
 大阪に旅行した時、お土産で買ったヤツだ』

『コミカルなデザインで、ちょーウケ!
 なんて名前だったけな・・・』

大阪でのことを思い出しながら、考えていた。


『そういえば、この像って、足をさすって
 願い事を言うと、叶うヤツなんだった!』

『ってことは、一応、神様!?』
『今日は、神様にひどい目に合わされたんだ!』


その奇妙な像を手に持った。

そして、神様のコメカミをぐりぐりとやりながら、
今日の恨みつらみを吐き出した。

『神様のおかげでぇ〜ひどい目にあった!
 ひどすぎます!!』

文句と愚痴を一通り話しかけてみた。

像にうっぷん晴らしをしているうちに、
だんだんと、痩せてキレイになって、見返してやりたい気持ちになってきた。


『こうなったら、また神頼みだわ!』

さっきまで、嫌な出来事を神様のせいにしていたのに、
今後は、神頼み。

実に、自分勝手な・・・


< 13 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile