像の足をさすりながら、話した。

『神様、お願いです。私をキレイにしてください。
 私をファッション雑誌に載るようにしてぇ〜。
 なんでも、言うことを聞きますから〜。
 痩せてみんなを見返してやりたいんです!』














『って、私・・・何やってんだかぁ
 こんなみょーちくりんなメタボの神様に
 ダイエットのお願いだって!!
 ある意味、ウケるんだけど〜』


自分の取った行動が、おかしくって笑った。

そうしていると、少し気分が落ち着いてきた。

『ありがとうございます。神様
 あなたが話を聞いてくれたおかげで、
 気分がよくなりました!』


像を手にとって、元の場所に戻し、ふっと、横に目線を動かした。

部屋の壁に貼っているポスターのカメナシ君と目があう。

また、アイツの顔が浮かび、頭の中をムカつくあの男の声が回る。


ふんっ!
あらい鼻息を一つ。


『本当のカメナシ君は、あんな細い女より、
 女の子らしい私みたいのが、タイプよね?』


ベッドに倒れこんで、目を閉じた。


『あ〜、やっぱ!思い出しだけで、腹がたつ!』

まだ、ストレスは残っているようだった。


(これじゃ、明日、笑顔になれないよぅ)


◇◇◇


< 14 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile