スクっと、ベッドから起き上がった。

やっぱり、気分が落ち着かない・・・・。


まるで、そんな私をカメナシ君が、励ましたそうだった。

『カメナシ君、私を見てくれてるのね・・・』


もう一度、ポスターに話しかけて見える。

『本物のカメナシ君は、私を裏切らないわ・・・
 あんな関西弁のえせカメナシ野郎なんて・・・』

『あ〜イライラがおさまんない!!』

やはり怒りがぶり返す。


『よし!日記書こ!日記!』


実は、ネット上で日記を書いている。
日ごろ、嫌なことがあった時のストレス解消。

グチや文句を書き綴っている。

もちろん、本名は明かさず、ニックネームだ。

まぁ、そんなことを気にしなくても、誰も読んでないみたい・・・。

コメントなどの反応はまったくない日記。
独り言専用だ。

一応、ネット上で公開しているので、結構なストレス発散になる。


早速、今日の出来事と、キレイになる決意なんかを書き込んだ。


(??ん、ん??)

画面を見て、目を疑った。

誰かから、すぐに反応がある・・・??

いつもは、誰からも反応がない日記なのに・・・??

誰だろう!?


もしかして、今日の関西版カメナシ君??


んな、ワケねぇ〜。
っと、ひとりツッコミを入れつつ、画面に目をやった。


>じぶん・・・わしを呼んだ〜!?


『まさか・・・!?』


< 15 >



次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile