焦って、次の書き込みをした。


>>あの〜、どなたでしょうか・・・?


恐る恐る質問をしてみた。

すぐに、相手から返事の書き込み。
画面を見る。


>誰って、じぶん。。。!!(⊃ Д)⊃≡゚ ゚
>おもわず、目が飛び出るわぁ〜(・´ω`・;Aアセアセ


書込みが早い・・・。
こちらも焦りながら、返事をした。


>>本当に、心当たりがないんですが・・・
>>ひょっとして、今日、逢った人ですか??


>( ´∀`)Σ⊂(゚Д゚ )なんでやねん!

>わしや、わし!ビリケンやがな!


『・・・』

手が止まった。

(ビリケン・・・どこかで聞いたことがある名前・・・
 たしか、歌手かアーチストでいたような・・・)


>>歌うたっている人ですか?

>( ´∀`)Σ⊂(゚Д゚ )なんでやねん!

>あんど〜

>( ´∀`)Σ⊂(゚Д゚ )なんでやねん!

>思わずダブルツッコミかましてもたわぁ(#`-_ゝ-)ピキ


とにかく、書込みが早い。
誰かわからないことより、そっちが驚きだ。


>じぶん〜思いっきり、わしの足さすってお願いしてたやん?


(えっ!ひょっとして・・・・まさか・・・)


>ほんで、決意できてるん?


< 16 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile