1章:「ほんまに、やんねんな。マジか?じぶん?」
----------------
イスに腰掛けて、時計に目をやった。

8時半・・・。
後、30分で、例の人から書込みがあるはずだ・・・。


今日、一日は、ボーゼンとしていた。

気分の悪い想いをして、すぐに奇妙な体験。

まったく、異常な誕生日だった・・・。


昨晩のネットのやり取りが、信じらない・・・。


友だちにもメールで相談してみた。
念のため、神を名乗る人のmixiのページも見てもらった。


みんな、怪しいからやめたほうがいいという。

正直、私もそう思う。


時計は、進む。

あと10分だ。


(もう1度だけ、やり取りをして、考え直そう・・・)
(もし、怪しかったら、日記を閉じればいいだけだしね。うん。)

今日、これからの決心はついた。

ふと、昨日の店での出来事を思い返してみた。

家への帰り道、小雨に打たれながら、
今までの失恋経験が走馬灯のように場面、場面が浮かんでいた。


そういえば、同じような経験が何度かあった・・・。

あれは、いつ頃だっただろうか?

私は、大好きな人がいて、彼女がいなかった彼。
友だちとしては、何度か遊んでいた。


当時は、今よりひっこみじあんで、
自分に自信の持てない私は、いつも、アプローチできずにいた。


そうして、私の好きな人は、いつしか恋人を作り、
仲良くしている姿を発見。

私なんかより、細くてキレイな彼女。


そうした、くやしい想いをするたびに、
痩せてキレイになりたいと、思ってきた。

雑誌のダイエット特集や、ダイエット本・・・ネットで検索。

だけど、しばらくしたら、失恋の痛みも消え、ダイエットのこともすっかり忘れる。


< 22 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile