そんな何度かの経験の残骸が、本棚に残っている。

パラパラと読んで、へぇ〜っと納得。
これなら、できそうだぁ〜。

いつも、そう想い、結局、やらずじまい。


もっと痩せてキレイになりたい自分

VS

別に、今のままでいいじゃない?という自分


失恋の瞬間は、いつも心が痛くて、
それをバネに、キレイになってやると決意。


友だちに、ダイエットを宣言する。


みんなに慰められ、励まされる。

「え〜、気にすることないよ〜
 全然、太ってないじゃん!!」

「今のままでも、じゅうぶん可愛いよ〜」


そうして、気持ちが落ちつく。


今のままでも、いっか・・・。


そんなどうどう巡りをしているような気がしてきた。


(やっぱり、よほどのキッカケがないと無理なのかなぁ〜?)


ボーっと見開いた視線の先にある画面が動いた。

気がついたら、9時10分。


< 23 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile