画面を閉じた。
イライラとして、しばらくは眠れそうにない。


どうせならと思って、さっそく【レッスン1】に取り掛かった。


以前、ダイエットを始める時に買った体重計の説明書を読む。

どうやら、100g単位で計れるものみたい。


毎朝、シャワーを浴びるので、洗面所兼脱衣所に
体重計を持って行って、メモとペンを壁に掛けた。


『よし、これで、準備完了』


はぁ〜っと大きく深呼吸。


『しばらく、言うとおりにやってみるか・・・』

『しかし・・・うざい、オッサン・・・』


< 28 >



次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile