2章:「なに〜オッサンには、言いたくないやと!?神にむかって・・・バチ当たるぞ」
----------------
ジリリリリリリィ・・・・。

目覚まし時計を止めた。

昨日は、
イライラとこれからはじまることのワクワク感で、
よく眠ることができなかった。

『ふわぁ〜』

あくびをしながら、ベッドから足を踏み出した。

眠気を覚ますのに、シャワーを浴びにいく。


トイレにいって、ようをたし。
脱衣所へ。


服と下着をとりながら、昨晩 用意した体重計に目をやる。

『せっかくだし、計っておくか・・・』


体重を計り、今日の日付と体重をメモした。


『はぁ〜、いまいちな体重』
『やっぱり、痩せてキレイになりたい』


風呂場に入り、シャワーを浴びる。

誕生日の記憶と、連日のやり取りの嫌な想いを洗い流す。

(さっ、気持ちを切りかえて、ダイエットするぞぉ〜!)


ここまで、強く決意したことは、はじめて。

そう思うと、アノ変な神様にも、感謝の気持が芽生えてくる。


気分を一新、さっそうと家を出た。


< 30 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile