>信じて、ええのん?(¬_¬)


>>はい!もちろんです。


>遅刻は、一番やったらアカンことよ


(もう、いいじゃないのか??)


>>はい・・・


あまりのしつこさに、だんだんと腹が立ってきた・・・

(あんただって、昨日、10分、遅れただろうが!!)
(自分のことは、棚に上げて、自分勝手・・・)
(ネチネチとした性格・・・)
(くそーくそーくそー)


>ほな、一通り、言いたいこといえたし、スッキリしたわ

>気分切り替えて、[レッスン2]にいこか?


本当に、この神様のコーチングで、大丈夫だろうか?

不安が頭に浮かびながらも、レッスンが進む。


< 34 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile