今日は、帰りが遅かった。

あわてて、夕食とお風呂を済ませて、
日記を書いた。


時間は、ちょうど、9時。


『ふぅ〜ぎりぎりセーフ』

昨日は、遅刻で、こぴっどくヤラれたから、
間に合ってよかった。


『しかし、ボロクソいわれたなぁ・・・』
『あんなに心の狭い神様が存在するなんて』

『まぁ〜ある意味、オチャめかもしれないけどぉ』


『!?!?!?』

『あれ、返事がない・・・』


仕方がないので、友だちにメールを送りながら、待った。


21:10


(おかしぃ・・・・また、胃腸薬でも買いにいってるのかな?

10分を過ぎ、少し不安になってきた。


(やっぱり、昨日のことを根にもってるのかも?)
(コーチングを放棄??)


気になりはじめて、しょーがない。


>>あのう?
>>もしもし?


呼びかけても、神様からの返事はない・・・。

4日目の夜。
水を打ったような静けさ。


< 43 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile