レッスンの時間だ。


今日は、ネットで日記を書くのに、
食べたものを忘れないよう、朝から手帳にメモをした。


日記も書き終えて、ダイエットビリケンさんの登場を待つ。


『よし!』
気合を入れて、画面を覗き込む。


(まだかな。まだなか〜)

両足をパタパタと動かしながら、イスに腰掛けていると。


>まいど〜


私の日記に、コメントがはいる。


>>どうも!こんばんわ。


>まいど!わしや。
>今日は、時間通りやね!感心感心。

>体重も、2日で0.3kg減。
>いいでだしやね^−^v

>これって、素晴らしいよ。

>じぶん、いけてるやん
>゚+.(○´∀`ノノ パチパチパチ〜(拍手)
>゚+.(○´∀`ノノ パチパチパチ〜(拍手)
>゚+.(○´∀`ノノ パチパチパチ〜(拍手)
>゚+.(○´∀`ノノ パチパチパチ〜(拍手)
>デキのええ生徒をもって、ひじょうに鼻が高い!


>>ありがとうございます!!!!


顔がゆるみ、書き込みをする手も弾む。
やはり、褒められるのは、嬉しいものだ。
シミジミと喜びをかみしめる。


>ほな、今日のレッスン、いくでぇ〜
>準備は、ええかぁ〜


< 54 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile