スラスラっと、日記を書き終えた。

(慣れてくると、そんな大変には思わないもんだな〜)

時間は、まだ8時半。

コーチングを楽しみに、一日を過ごした。


『今日は、どんなことを教えてくれるのかなぁ〜』

『しかし、まぁ、あの変わった性格は・・・』
『どうにか、ならないものかな?』


♪〜♪♪〜♪〜♪


カメナシ君の声がながれる。

携帯の着うたにしているメロディだ。


『メール??誰からだろ??』


携帯電話を手にとって、開けて見た・・・・

『みさと さとし さん??』
『・・・・』

『え!?』

『うそ〜〜〜〜〜まじてぇ〜〜!!!!!』


画面に表示されている文字を見て、驚いた。


----------------

件 名:読者モデルに選ばれました!
差出人:雑誌○○ 編集者 みさとさとし

----------------


いつも、かかさずに購読している雑誌社からのメール。


(えっ!まじまじ!!)
(ちょーうれしいんですけどぉ〜)


飛び上がるように、たった。
あまりの勢いに、イスが床に倒れる。


急いで、本文に目をやり、ドキドキしながら読み始めた。


< 65 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile