(なんだ〜ビリケンさんぁ〜)
(美里さんじゃなかったのね・・・)
(緊張して、損した!)


『あの〜すみません』

『ダイエットビリケンさんからのお電話
 とっても、嬉しいんですけど』

『今、大切な電話をまっているんです。』

『すみません、また、かけ直すんで!』


プチッと電話を切った。

ツーツーツー

編集者さんの電話が待ちどおしぃ。


(はやく、美里さんから、電話がかからないかなぁ〜)

『ん!?』

(そういえば、なんでビリケンさんは、
 私の電話番号を知っているの??)


その瞬間、携帯電話からカメナシ君の歌声。
間髪入れず、電話をとる。


『もしもし!美里さんですか?』
黄色い声で、電話にでる。


< 68 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile