「なんで、いきなり切るんや!?」
「わしやって、いってるやろ!」
「ビ・リ・ケ・ン・ですぅ!」

「ほんま、失礼なやっちゃな」
「神のわしが、わざわざ電話してるのに!?」


『あの〜、本当に困るんです』
『私の人生に関わる電話がかかってくるんです』

「人生変わるぐらいの電話って、どんな電話やねん?」
「じぶん、ほんま、おおげさやな〜」


『実は、読者モデルに選ばれて・・・』
『雑誌の編集の美里さんっていう人からの電話待ちなんです。』


「さ〜ぷ〜ら〜い〜ず〜!!」

ビリケンが、割れんばかりの音声で、奇妙に叫ぶ。

『もう!!奇妙なデッカイ声をださないでください』
『切りますよ』


「待って、待って、待って〜」

「よ〜っく、メールの名前見てみぃ」

「みさとさとし⇒美里 賢⇒ ビ リ ケ ン 」

「う〜〜〜♪、ビンゴーーーーー!!」

「わしですぅ〜ビリケンですぅ〜」


その言葉に、浮き足立っていた両足が地につく。

ガラガラガラ・・・・っと、
ガラスのお城が崩れていくように、
私も、床に崩れ落ちた。


< 69 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile