頭の中でこだまするリフレイン。
カメナシ君と私とのラブロマンス・・・
映像が、二人の笑い声とともに、回りながら遠のいていく。

(フフフフフ・・・ハハハハ・・・・幸せそうな恋人達の声)


『フフフフフ・・・ハハハハ・・・・』

口から頭の中の声が漏れる。


「うわっ!気持ち悪る!」
「そんな突飛な笑い方したら、ひくよ。」


「あらためましてぇ〜」
「ダイエットコーチのダイエットビリケンですぅ〜」


「今日はな、0.5kg痩せたから、お祝いにサプライズやで」
「ドッキリカメラみたいなもんやな」

「ドッキリドキドキ♪ドッキリドキドキ♪」

「おもしろかったぁ〜?」


こぶしを握り締める。

私が痩せてキレイになり、
雑誌に載ってみたいことを知ってて、
悪ふざけしているに違いない・・・・

ギリギリギリ・・・奥歯がへこむぐらいに歯をくいしばり


『・・・・・』
『・・・・』
『・・』

『おもしろいわけないわーーーーーー!!!』

たぶん、人生で一番大きな声を出した。

人間、本当に怒ると、ビックリするぐらいの声がでるもんだ。


「イテテテ・・・・」
「耳が、キーンってした・・・・」

「そんなデッカイ声ださんといてぇなぁ〜」


「けど!ナイスなツッコミやん」
「じぶん、お笑いの才能もあるかもね」
「アルカポネ・・・」
「って!ゴットファーザーかいなぁ〜」
「っと、ひとりツッコミぃ〜なんちてぇ〜」


『さぶっ!』

「さぶっ!って、じぶん!!」
「判断力の鈍いおまえに、わしの笑いのセンスはわからん!」


< 70 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile