「じぶん〜よう考えや〜」
「なんで、雑誌の人が、じぶんのメアドとか、携帯の番号知ってんのよ?」

「そこで、おかしいって気づかんと。」
「ほんま、どんくさ過ぎるでぇ」

「じぶんみたいなんが、オレオレ詐欺とかぁ〜」
「振り込め詐欺とかに、引っ掛かるやでぇ〜」

「ほんま、きぃ〜つけや〜」
「老婆心ながら、注意しとくわ!」


『って、あんたは、どうやって携帯のメアドを手に入れた!?』

「わし、一応・・・神やし・・・それくらいは・・・」

『なんで、私が読んでいる雑誌を知っているの?』

(怪しい・・・)

そういえば、誕生日の日から、部屋にいても、誰かに見られている気がしていた。

「こ・・・こまかいことは、まぁ、横に置いといて・・・」

「これからは、電話でコーチングするで」

矢継ぎ早に、話を進めるダイエットビリケン。


「七福神の連中とネットゲームで通信対戦やリすぎて・・・」
「腱鞘炎になってもてん。手が痛い・・・・」

「だから、これからは、電話でするから、よろしゅーにぃ」


(ゲームやりすぎで、腱鞘炎って・・・)
(神様なのに、何をやっているだ?)


『そんなになるまで、ゲームって・・・』
『普段は、いったい何をやってるんですか?』


「わし、神やし」
「フリーダムな人生を送りたいねん」

「だから、何にも縛られない自由人やねん」


(あきれる・・・)

今日のことは、一瞬、腹がたったけど、
この人だったら、やりかねないし、怒りもすぎた。

(もう、どうでもいいや・・・)


< 71 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile