「あとレッスン2〜4は、引き続きやで」

「いろんなダイエットあるけど、次は何を試してみる?」


「食べる系やったら★朝バナナダイエット★とか」
「飲む系やったら★青汁ダイエット★とか」
「動かす系★リンパダイエット★とか」
「特殊なところで、★耳つぼダイエット★とか、あるよん」

「どれか、興味ある?」

『昨日と同じでいいです』
『★ひとくち残すダイエット★が、気に入りました』


「そうかぁ〜。わかったで」

「そしたら、明日もひとくち残すダイエットやね」

「ほな、また、21時ぐらいに電話するよって。」

「日記は、引き続き毎日書きや〜。見てるからな〜。」


『はい。ありがとうございます』
『明日の夜も、よろしくお願いします。』


電話のコーチングを終えて、早速、プロフィールに書いた。


----------------------

ビリケン式ダイエットで、今より10kg痩せたい!
痩せて、オシャレをして、彼氏を作る。
そして、彼氏と一緒にファッション雑誌に載る。
そうなれば、ちょー嬉しいし、楽しい、幸せ☆

----------------------


書いている途中、雑誌に載っている自分を想像してみた。

なんだか、ニヤケるぐらい、嬉しくなった・・・。


(よし、ダイエットをがんばるか!)


電話のやり取りに疲れ、すぐに眠りについた。


< 75 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile