今まで、私が好きな人の彼女。
この前の誕生日・・・

そして、今日のカメナシ君・・・


いっつも、私の好きな人を奪っていくのは、
モデルのように細い女たち・・・


せっかくのいい気分が台無しだ。


過去のすべての失恋体験が、
いっきに押し寄せてきた感じ・・・


鏡から目をそらし、うつむいてテーブルの上を見た。


自信喪失・・・


(結局、男は見た目できめるんでしょ・・・)

(私の恋が、うまくいかなったのも、全部、そのせいだ)

(どうせ、私なんて・・・)
(誰も振り向いてくれないし、誰も、みてくれない・・・)

(もう、恋なんてしたくない・・・)

ため息まじり、朝の支度を追え、家を後にした。


< 79 >



次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile