携帯がチカチカ光っている。

そっか、今日は、マナーモードにしてたんだっけ?


重い腰を上げて、電話をとった。


『もし・・・もし』

「もしもし、わしです」

「どないしたん??」
「ものすごい、元気ない声やん」

「大丈夫?」

「じぶん・・・」
「日記みたけど・・・」
「なんやわからんけど、元気だしや」


ダイエットビリケンさんが、
心配そうに優しく声をかけてくれた。


「なんか、悩みか?」

「なんでも聞いてあげるから・・・」
「話してみぃ」


いつになく優しい話し方に、
私は、今までのこと、
このあいだの嫌なこと
今日のこと・・・

愚痴まじりに、全部を話してみた。


< 82 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile