『なるほど〜!』
『よ〜っく、わかりました!』

『なんだか、とっても楽しそうで、素敵なことですね!!』

興奮気味に答えた。


『っで、どれくらいのダイエットフレンドを見つけるといいんですか?』


「そやね・・・一概には、いえんけど・・・」
「目安としては、常時20人以上は欲しいね」


「自分の日記に対して、毎回、数名が反応してくれる」

「そういった環境になることが大事」


『わかりました』

『毎回、私のダイエット日記に数人が、さっき教えてもらった反応をしてくれることが大切なんですね!』


「ご名答!すんばらしいぃ〜」

「わし、こんなデキのええ生徒を持てて、誇りに感じるわぁ〜」


なんだか、ちょっと照れくさい・・・。
ビリケンさんって、本当は、褒め上手なんだぁっと感じた。


『そしたら、今日、さっそく探してみます!』


「おぅ〜!ガンバルンバやでぇ〜」


首を少しかしげた。

(ガンバルンバって何?)

っと、思いつつ、電話に耳を当てなおした。


「今日は、いろいろあったやろうけど、」
「元気だしぃやぁ〜」


ビリケンさんの気遣いで、ニコッと笑えた。

「あっそや!」
「明日は用事があるよって、夜10時からでもかまへん?」


『はい。わかりました』
『今日は、本当にありがとうございます!』
『また、明日も、お願いします』


「ほなね」

その声を合図に、電話をそっと切った。


< 86 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile