7章:「笑う門には痩せられる」
----------------
寝る前には、気分が落ち着いたものの。
朝になると、落ち込みがぶり返した。

寝不足のせいもあり、食欲がまったくない1日。


時計は、20:30をさす。


『そろそろ、日記をつけるか』


(そういえば、昨日の夜は楽しかったなぁ〜)

(自分が書いたものに反応があるのが、
 こんなに嬉しいとは、思わなかった)

楽しみながら続けられる期待感がよみがえった。


ワクワクした気分で、自分のページを見て、
日記を書き始める。


< 89 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile