また、みんなからの反応を期待して
日記をアップした。

(どんな書込みがくるかなぁ〜)

『そうだ。今日のコーチングは、10時からだった』


音楽をかけながら、ネットを見回った。

やっぱり、同じぐらいの年代で、
ダイエットをしている人が多い。


『まだ、時間もあるし、友だちを増やそっと』


気がついてみれば、
こんなに日記を毎日書いたことははじめて。

しかも、ネットを通じて知り合いの輪を広げるのも
初体験だった。


流れる音にあわせて、
メロディーを口ずさみながら、
ダイエットしている人をさがした。


『ほとんどの人は、たいして太ってないのに、
 ダイエットをしてるんだねぇ〜へぇ〜』


気のあいそうな人と出会っては、
コメントを書き込む。

『ほんと、いろんな人がいるなぁ〜』


『あっ、私の日記へのコメントって、どうなってるかな?』


自分のページに戻って、
昨日から今日にかけての返事を見た。


『わぁ〜、反応が早いなぁ〜』


ダイエットフレンドは、どんどんと増える。

仲間からの書き込みを一つずつ読み返した。


< 91 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile