「ほら?足をさすってお願いした後・・・」

「『ありがとうございます。神様
  あなたが話を聞いてくれたおかげで、
  気分がよくなりました!』    」

「そういってくれたやん・・・」

「感謝の気持を言ってくれたんに、感動してん」


「よし!この子をキレイにしたあげよって思ったん」


「その素直で素敵な気持ち、わし、好きやで」


そういえば、そんなことを言った気がする。

(そうか、それがキッカケだったんだ・・・・)


「じぶんと話しとったら、元気になってきた」

「わしも、これから、全国区を目指すわ!」

「ほんま、おおきにねぇ〜」


『はい!私も、手伝いますから!』


「ええ生徒やねぇ〜・・・・」


かすかに泣いているような気がした。

神様なのに、人間味があるというか・・・
ビリケンさんって、なんだか可愛い。


「ほな、次のレッスンやろかぁ〜」

いつもの元気な声に戻った。


< 95 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile