「まずは、よう耳の穴かっぽじって聞いて!」


「今日のじぶんのダイエットとかけて」
「ヒップホップダンスとかけますぅ〜」


「Hey!チョコラッチョ!」
「Yo!グルッと、回って、ダイエッYo!〜♪」
「バナナだけに、グルッとまわるとスベるよ〜♪」


「あぶないあぶない・・・」


少し間をおいて・・・


「そんなバナナ!」

きっぱりと歯切れのいい声で言い切る。
満足げだ・・・


(それは、今日食べたのが、チョコレートと
 ヨーグルトとバナナだから?????)

(さむ・・・)


シーン

空気がぴんと澄みわたる。


長い沈黙。
どうだ!っと言わんばかりの自信の表れなのか?

『・・・・・・・・・・・・・・』
『・・・・・・・』

「ノーリアクションかいなぁ!?」

「そうかぁ」
「わしの超一流のギャグでも、
 笑われへんぐらい落ち込んでるんやね」

「かわいそうに・・・」


「最高峰のエンターテイメントでも、
 失恋している乙女の気持ちまで癒せんか・・・」


(いやいや、あんたのギャクが寒すぎ)


顔をきつくひきつらせながら答えた。


『そういうことにしておきましょう』


「その言い方、ちょと気にさわるな〜」
「なんか、わしがスベッた見たいな空気ぃ〜」
「しかも、上から目線的な・・・」

「ありえん!」

(いやいや、あんたがスベッたんだって!!)


< 96 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile