「まぁ、しゃーない」
「じぶん程度が、
 わしの最上級のギャグを理解するのは
 100年ぐらいかかるわ!」

「なんていうの?生まれながらのセンスの差?」


(バカだ。こいつは、絶対バカだ・・・・)
(まぁ、いいや。ダイエットコーチングに進もう)


『ところで、今日は、どんなレッスンなんですか?』


「いやぁ〜もうレッスンははじまっとる!」

「[レッスン7]は、ようさん笑うこと」

「ええかぁ、笑うことは、ダイエットにとって、大切なんやでぇ〜。」

「ビリケン式ダイエット奥義、ナニワの笑いダイエットじゃい!」


『えっ!笑うことでダイエットになるんですか?』

「せや!」

「わしの座右の銘は」

「【良く笑い、良く痩せる】やで!」


『どうして、笑うといいんですか?』

「せやな、それを説明したろ」


< 97 >



次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile