「実は・・・」
「痩せた後、幸せになるからや」

「自分が好きな人は、痩せた自分に酔いしれて幸せ」
「モデルとかは、痩せることでチヤホヤされて幸せ」
「あるいは、キレイになって恋人ができて幸せ」

「そしたら、セロトニン君がいっぱい集まるやろ?」
「だから、リバウンドせーへんねん」

「ダイエット成功することと幸せが
 明確になるのが重要って、前も話したよね?」

『はい。たしか、[レッスン5]目標とかを書く・・・』
『でしたよね?』

「せや!正解や!すばらしいぃ」

「だから、科学的にみても、そういったことが大切なん」


「セロトニン君をぎょーさん呼ぶダイエットしなね」


「それを達成してくるのが、【笑い】やねん!」

「【笑い】は、万能薬やでぇ〜」


「笑った後は脳にリラックス感が現れる」
「ほしたら、セロトニン君がひょっこり来よる!」

「そうして、こころが楽になる」
「幸せになる感情が出てくる」

「ストレス君、バイバイ〜」


「【笑い】の力は、それだけやないぞ!」


「よく笑うと口角が上がってくる」


「モデルとか芸能人の笑顔を良くみてみぃ」
「口元に注目してると気がつくで」

「口角があがっとる」

「それが、素敵な笑顔に見える秘訣やねん」

「はい!モテモテぇ〜」


「ほんでな、笑う人の周りには人が集まってくる」

「さらにぃ〜モテモテぇ〜」


「笑う角には福来るというように、エエことだらけや!」


「もちろん、ストレスをツボ押し効果で抑える
 ★耳ツボダイエット★みたいなんを平行してやってもエエで」


< 100 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile