「いや、マジな話ね・・・」
「じぶんが、ここまでやるとわ思わんかったよ」


「まさに、予想外・・・」


「日記に、いっぱいお祝いのコメントもあるし」

「嬉しいもんやろ?」


『そうなんです!』
『みんなが、まるで自分ごとのように喜んでくれて・・・』

『喜びも何十倍ですぅ〜♪』


「仲間と喜びを分け合うって、ええやん」


連日、体重が減少で、ダイエット仲間から、
毎日、褒められるのが楽しい。


ダイエットが楽しいなんて、
ビリケンさんに逢わなければ、
実感することはなかっただろう。


(ありがとうございます。)
(ほんとに、ほんとに・・・)

感謝の気持が、あふれ出る。

『これも、ビリケンさんのコーチングのおかげです』


「せやろ!間違いないやろ?」


『はい!もう、楽しいダイエットがやめられません』


「それだけ喜んでもらえたら、神さんみょうりに尽きるわ!」


「ほな、今日も、楽しいダイエットの時間やで〜」


< 107 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile