『はい!』

姿勢を正して、真剣に聞き入る。


「なんども言うけどね」

「成功する人は、成功している自分をイメージすることや」

「目の前でこなす行動と、未来の幸せが明確になってるん」


「芸能人やら、モデルさんは
 いわば、体系を維持することが仕事なわけ」

「プロ意識やね」

「キレイでいることが、自分の仕事の成功につながる」

「これが、とっても明確やから
 ダイエットを成功するぐらい簡単なん」


「ボクサーもそうやろ?」

「試合前に、厳しい減量をするやん」


「試合に出るためには
 減量ぐらい、なんてことない」


「もちろん、一般の人間からしたら」
「モデルもボクサーも、とってもストイックやで」


「でも、本人は本気で生きとるから」
「当たり前のようにこなすんよ」


『なるほど。』
『いわれてみれば、そうかもしれませんね』

ふか〜っく、うなずいてみる。


「そやけど、一般人のじぶんは」
「そこまで、明確なものがないし」
「イメージ力も少ない」
「だから、当たり前のように痩せるのは」
「あんがいと難しいもんなんよ」


「でも、安心して」
「一般人の成功するコツがあるから・・・・」


< 108 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile