「そやねん。ブームになると、つい手を出す」

「テレビ番組とか、ようできれるから」
「感情を刺激されてまうやろ?」

「ほんで、そのダイエット法に」
「過大な期待をして、失敗するんよ」


「例えば、本を読むのが好きで」
「長風呂も好きやったとするやん」


『はい。私、両方、好きです』


「そうやったら、本を風呂に持ち込んで」
「★半身浴ダイエット★をするのよ」

「長風呂が楽しみやから」
「無理なく続けられるやん?」


『そうですね!』
『その通りだと思います』


(なぜ、いままで、こんな単純なことに
 気がつかなかったのだろうか?)


「それに、毎回、飽きない様に」
「★アロマテラピーダイエット★も
 組み合わせるしね」


『いいですねぇ〜』
『いろんな香りを楽しみながら
 それ自体がダイエットになるなんて!』


「そう!それが、大事!」


「流行っているとか」
「有名人がやっているとか」
「そういったことに流されて」
「ついつい、自分が苦手なダイエット法を選びがちやん?」


『わかります!』


< 111 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile