『そうなんですか!???』


「せやねん!」

「ダイエット仲間と、ダイエット情報を交換する」

「そうすることで、一人やった発見できなかった」
「自分ダイエットを見つけやすくなるんやで!」


『すごい!』
『ビリケンさんは、そこまで計算して、
 レッスンを作り上げているんですね!』

『さすが!神様です!!』


「そんなストレートに褒められたら、照れるやん・・・」

「わし、一応、神やし・・・」
「当然やん」


はにかんだ声が受話器越しに聞こえた。


(神様も褒めると照れるんだ)

なんだか、ほんわかと笑みがこぼれた。


「ほな、さっそく、自分ダイエット探しの旅に出発や!」

『はい!そうですね!』

「んじゃ、今日のレッスンはここまで」

「また、明日〜よろしゅーにぃ〜」


< 114 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile