「その人には、小さい子供がおったんよ」

「小さい子やから、玄関でクツをばらばらに脱ぎよる」

「なんど、脱いだクツをそろぇ〜っていっても」
「いっこうに、クツをならべん」

「ほんでね。クツを脱ぎ散らかすたびに」
「何度も何度も根気づよく教えたんよ」


「でも、全然、効果あらへん」

「クツ脱いだら揃えんと一目散に家に入る」


「ほとほと、手をやいたんや」


「そこで、その先生、どうしたと思う?」


『さぁ・・・』

あまたをひねって考えてみた。


『何か、罰を決めたとか?』


「いいや。ちゃうねん」
「めっちゃ簡単なアルことをしてん」

「環境を変えてみたんよ!」

「それはね・・・・」


< 119 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile