「ミーは、これから1週間出張やねん」


(出張!?神様に出張ってあるんだぁ〜)


「明日から、アメリカに行ってくる」


『はぁ〜アメリカですか?』


「わしのクライアントのミュージシャンなんやけど」

「CDの販売とツアーが始まる時に
 決まってダイエットするのよ」

「それ以外は、太っているアーチストなんやけどね」

「いっつもアメリカのゴシップ誌で話題や」(笑

「長期休暇に入るたびに、○○劇太り!ってね」

「普段は、ケチャップばっかり喰っとるからなぁ〜」

「何度いうても、やめへんのん・・・」

「まっ、そういうことで1週間
 コーチングはお休みや」

「じぶんの場合、毎晩のコーチングという環境で、
 21時以降の間食が減ったンやけど、
 これから、1週間は、それができへんねん」


「じぶんは、このまま、21時以降の間食を
 やめてみてや!
 せっかくここまで、順調にきてるんやからね!」


「あんたやったら必ずできる!」
「わしは、信じてるよ」


『はい!期待に答えますよ』


「ごめんなぁ〜あんじょう、ふんばってや〜。」


1週間、コーチングがないのは寂しい。
不安がないというと嘘になる・・・

でも、ここまで痩せられたんだから
自信を持たないとね!


「ほな、また一週間後、よろしゅーにぃ」

『気をつけて行ってきてくださいね』


< 122 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile