「誰に向かって言ってるんや〜!!!」


耳鳴りがキーンとするぐらいの大声。


『うっさいなぁ〜もう!!!!バカァ〜!!!』

私の怒りも、沸点に達した!

『なにが神よ!』

『変態をしたいから、やってるだけでしょ!』


『○×××△□※◇×××○×△□※』

『△××□※◇・・・・』

『※◇×××○×△□※×○・・・』


感情に任せて、思ってもないことを並べた。

かなりの剣幕でまくしたてて、
相手が話す隙すらない勢い。


最後に、出きった言葉。

『もういい、2度と見ないで、関わらないで!』

ひどいことを言ってしまった・・・・。
いたたまれなくて、電話を切りたい気持ちが沸く。

「・・・」

「ド変態って、じぶん・・・わし、神やっていってるやん」

「もともと、神の目の話もしてたし・・・」

ビリケンさんが、泣きそうな声で、
反論をしている。


「そんなん、ひどいわぁ〜」
「あんまりやわぁ〜」

「ダイエット中に体重が戻ることぐらいあるし」

「わし〜わし〜わしなぁ〜」


もう、電話で話してられない・・・


「今日も、それについて、話そうかと・・・」


ビリケンさんの話にかぶるようにして、
声に出した。


< 129 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile