『ダイエットコーチは解任よ!ド変態!!』


そう言い放って、電話を切った。


最悪だ・・・


怒りの本当の原因は
自分でもわかってる。

見られたことではなく、
嘘をついたことの恥ずかしさと
油断した自分の不甲斐なさ・・・

そして、信じてくれたビリケンさんへの裏切り
期待に沿えなかった情けなさからだ。


罪悪感の塊がうごめく。


頭はもたげで、うなだれる。


気分が悪い・・・。

明らかな八つ当たり・・・。


恥ずかしさで、涙が出た。

ひどいことを言った。

自分で、自分を何度も責めた。


『もう、おしまいだぁ・・・』


カタッ・・・


棚から、ビリケン像が落ちた。

そっと手に持って、元の置き方とは反対に、
背中をこちら側に向くように棚へ戻した。


『もう、あわせる顔もない・・・』


『ビリケンさん・・・・ごめんなさい・・・・』

『本当は、私が、イケないのに・・・』


大粒の涙が、頬をつたう。


< 130 >



次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile