11章:仲直りできますか?
----------------
ここ3日、体重計にも乗っていない。
ダイエットのことを思い出すからだ。


あれから食欲がないから、
計れば痩せているのは知っている。


でも、怒りに任せた憎らしい自分の醜態を
思い出すのがつらい。


あんなに、人を傷つける言葉を出すなんて。
ビリケンさんに甘えていたせいかもしれない。


もちろん、日記なんて書いていない。


メールボックスにいっぱいのメール。

開いて読んでみる。


『!?』


更新がないので、ダイエットフレンドから、
心配のメッセージやメールがたくさん!


(みんな・・・こんなに心配してくれてるんだぁ)

泣きそうな気持ちだ。


ダイエットは、やめると伝えた。


何人かから、すぐに返事が入る。


もう一度、一緒にがんばろう。


たくさんの励ましの言葉。


落ち込んでいる心にしみる。

ダイエットだけでも、
この素敵な仲間と成功させたい。


(あぁ、できることなら、
 ビリケンさんにメールで謝りたい・・・)


< 131 >



次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile