たとえ、許してもらえなくてもいい。
とにかく謝りたい!


そして、今までのレッスンでできた
ダイエットフレンドとのつながりがくれる
うれしさを伝えて、感謝したい。


コーチングが受けられなくても、
仲間とダイエットを成功させるために
進んでいくことを報告したい!


『よし!女は度胸!』

悩みに、悩みながら
メールを書した。

1時間以上、何度も書きなおし、
完成した。

あとは、送信ボタンを押すだけ・・・

なかなか、勇気がでない。


許してくれなくてもいい、
でも、謝罪の言葉だけは伝えないと・・・


『えい!思い切って送信』

メールを送信するやいなや、
携帯電話が鳴った。


< 132 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile