ビリケンさんからだ!

驚きながら、電話に出る。


『も・・・し、もし・・・・』

「どうも、ビリケンです!」


いつもの声が、嬉しい。

『ゴメンナサイ・・・』

すぐに、謝った。

どうして、自分があんなことを言ってしまったのか?

心のうちを、全て打ち明けた。


「素直やん」

「でもわし、傷ついたで」
 泣いて、目がはれて、細い目がよけい、細なったよ」

「でも、わし、神やし、ホトケゴコロあるし」
「許してもええけど・・・」

「なんか、じぶん、言葉の暴力、すごいやん。」

「こわいというか・・ある種の能力やね・・・」

「ヒステリックを超えた、独特の迫力があるで!」
「宮川花子的な迫力と言うべきか・・・」


『ゴメンナサイ!何でもしますから』

『・・・・仲直りできますか?』

『串かつ、2回でも3回でもおごりますから』


「ええのん??わし、けっこうたべるよ。
 1回で20串は食べるよ。ビールも5杯は飲むよ」

『わかりました』

「ウゥウウゥゥゥ〜」
「イヤッホォィ〜!!!!」

電話を投げ捨てて、
奇声を発しながら小走りする音が聞こえる。

スタタタタ・・・
電話のほうに駆け寄る足音。


「ほんまにエエのん!」
「1回やなくて、3回???」
「ほんまにエエのん!」

鼻息を荒くして聞いてくるビリケンさんに
私は、間髪入れずに答えた。


< 133 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile