「実は、大事な用事ができてしもてん」
「トップシークレットなことが・・・」

「せやから、あと4日しか時間がないねん」


『そ・・・そんな』

『もっと、いろいろと教えてください!』

『わ・・・私・・・私・・・』

『ビリケンさんに頼れれば』
『絶対に成功すると期待してるんです!』


「それ!問題よ・・・」
「もし、コーチングが続けられたとしても」
「じぶん、このままやったら成功せぇへんよ・・・」


『!?』
『っえ!なんでですか?』

『ちゃんと、言うことを聞きますから!』

『ビリケンさんなら』
『絶対に私を痩せさせてくれるはずです』


「何度も、言うけど・・・」
「いや、もう何度も言うことができへんか・・・」

「時間もないし、今回から最後まで」
「厳しめで、いくわ」

「ちょっと、キツイ言い方をするけど」
「かんべんなぁ〜」


「特定のダイエット法に過大な期待をする」

「それが、失敗の原因って話したやん」

「覚えてる???」


「じぶん、まさしく今がその状態よ」

「ビリケン式ダイエットに過大な期待してる」


『!!!』


言われてみれば、
その通りだった・・・


いろんなこともあって、
いつしか、ビリケン式ダイエットに
過大な期待をするようになっていた


< 143 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile