「じぶんは、今も昔も」
「この循環に入っている」

「だから、このままコーチングできても」
「その先に、成功はないんや・・・」


「わしもこんなん言いたくないけど」
「それが、真実なん」


『そ・・・そんな』

『わたし、どうしたらいいんですか!?』


(ここまで、信じてやってきたのに!)
(あんまりだ!あんまりだ!)

悲痛な心の叫びがもれた。


「あと4回しかないし」
「じぶんが成功するために必要なことだけを教えていくで」

「ついてこれる?」


ワラにもすがる声で返事をした。

『はい。もちろんです』


「オーケィー」

「まずは、今までのことを振り返ろうか?」


「[レッスン1]と[レッスン2]でやってきたことは」
「じぶんが持ってる雑誌にも書いてあるように」

「★計るだけダイエット★って言うねん」


「[レッスン3]でやってきたことは」
「★食事日記つけるだけダイエット★って言うねん」

「別名★レコーディングダイエット★ね」


「それを今日までやってきて」
「どない感じた?」


「宿題にするから、明日までにかんがえてぇ〜」


『はい・・・わかりました』


もう、あと数回で、コーチングが終わる。

不安と緊張が胸をはいずりまわった。


< 145 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile