合いの手が入って、
言葉が次から次にスラスラでてくる。


『次の日、もう一度、軽い失恋をしました』

『相手が芸能人なんで』
『普通だったそんなに落ち込みません』


『けど、昔のことも思い出して』
『すごい自己嫌悪状態でした』


「そうかぁ〜」
「つらかったねぇ・・・・」


『はい・・・』

あの日のことを思い出して、
泣きそうな気持ちになった。


『その日のレッスンでは』
『ダイエットフレンドを作ることの大切さを学びました』


『【人の目】効果、褒められ効果、励まし効果』
『聞いただけでは、ぴんっときませんでした』


『とにかく、言われたとおりに、すぐ作りました』

『そしたら!』

『みんなが私を励ましてくれて・・・』

少し言葉がノドにつまる。


『嫌な気分から立ち直れて』
『すごい嬉しかったんです!』


「せやね!」
「良いコミュニケーションは」
「人に力を与えるからね!」


< 149 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile