「赤ちゃんが歩けるようになるところを想像して!」

「まず、赤ちゃんはハイハイをする」

「もう、両親はそれだけで大喜び!」

「その両親の喜びようを見て」
「赤ちゃん、めっちゃ楽しい!」

「ハイハイして、歩き回る」
「両親、メチャはしゃぐ!」
「赤ちゃん、むっちゃ楽しい!」


「ほんで、次にね・・・」
「赤ちゃんは、何かに捕まってたちよる」


「わぁ〜きゃーパパみてぇ〜」
「両親、バカ喜び!」

「それみて、赤ちゃん・・・」

「わし、めっっちゃスゴイことしてるんちゃう?」
「そう思うわけやな!」


(オイオイ、赤ちゃんは言葉覚えてねぇ〜だろが・・・・)


「ほんで、楽しい!」


「ものから手を離して」
「よろつきながらも、一瞬たつ」

「ぎゃーパチパチパチ!」
「ママ見てぇ〜立った立った立った!」

「もう親、絶賛!」


「えっ!えっ!何・・・何!」
「わし、めっちゃスゴイことやってるん??」

「ほな、赤ちゃん、調子に乗りよる」

「だって、大好きな両親が、サルみたいに喜んでくれるからね」

「そりゃー楽しいのなんの!」


「ほんで、1歩2歩と、ヨチヨチ歩き」

「ドギャー、あなた〜見てみて〜」
「今世紀最大の出来事よ〜」
「立って歩いてるぅ〜」


「赤ちゃんが、立ち歩きに成功するコツは」
「両親が反応してくれて、褒めてくれる」


「つまり行動自体が」
「楽しいことの連続やから」
「成功しよるんや!」


< 155 >


次のページへ

目次へ

小説TOPへ戻る

Copyright@2008
Diet Trend Mobile